概要

UVI Whoosh FX | Splash
サウンドデザイナーによるサウンドデザイナーのために生まれたWhoosh FX、基本コンセプトは強力かつ効果的に動きと変化のあるサウンドエフェクトを明解操作で創造することにあります。長さを設定し、3つの独立したレイヤー:ノイズとテクスチャーを操作、いずれも豊富な種類を用意しました。特にテクスチャーサウンドにおいては、エアー、エレクトリカル、ファイヤーメタル、オーケストラル、ウォーター、ウィンドなどのカテゴリー別に収録し、目的のサウンドに最短距離で到達できるように設計されています。そしてエンベロープはマウスで描くだけでなく、プリセットから選択することもできます。さらに動きを加え、ドップラー効果を調節し、モーフィングバウエルフィルターを駆使して変化を加えます。最後にスタジオ品位のエフェクトプロセッサー:コンボルバー、デジタルEQ、ディレイ、iRリバーブ、リミッターなどで仕上げをします。Whoosh FXは奥深い機能と直観的で扱いやすい画面を融合し、モーショングラフィックス、テレビ、フィルムと同期した効果音で豊かにし、音楽の中に動きのある要素を効果的に加えることが可能です。

詳細

構造

UVI Whoosh FX | Structure
Whoosh FXの心臓部は、3つのサウンドソース:ノイズ、テクスチャー1、テクスチャー2で構成されています。この3つのソースは個別に設定可能で、画面中央アンプリチュードとフィルターエンベロープ、マルチモードフィルター、ステレオ定位、ティルト、ピッチとレベルコントロールをソースレイヤーごとに操作し、多種多様のサウンドを手早く創造します。

サウンドソース

UVI Whoosh FX | Sound sources
ノイズレイヤーにはバンド、サンプル&ホールド、バイオレット、ブルー、ホワイト、ピンク、ブラウン、ローレンツ、ロスラー、ロジスティック、サイナスのシンセサイズされたノイズサウンド11種類が選択できます。2つのテクスチャーレイヤーは、Whoosh FXのために特別用意したフィールドレコーディングとシンセサイズしたサウンドが選択可能です。これらのサウンドは、エアー、ディストーション、エレクトリック、ファイヤー、エフェクト、マテリアル、メタル、モーター、ノイズ、オーケストラル、ロック、スパークル、シンセ、ウォーター、ウィンドにカテゴライズされ、±24セミトーンの範囲でピッチ調節も可能です。
全てのレイヤーにおいて特別用意されたフィルターモード(LP、コム、HP)とカットオフフリクェンシーコントロールで、個別または全レイヤー同時の設定、操作が可能で、画面下側のソースタブ選択で、レイヤーに特化したパラメーターにアクセします。パン、ティルト、ピッチ、ワイズなど、ノイズまたはテクスチャーに最適な設定が可能です。そして2つのテキストレイヤーにはランダマイズとアンドゥボタンも用意され、インスピレーションを掴むためのランダム設定と前の設定に戻ることも可能です。
UVI Whoosh FX | Sound sources
UVI Whoosh FX | Envelope

エンベロープエディター

画面中央のエンベロープ表示は、3つのレイヤーを同時表示し、プリセット切り替えと画面のマウスドローイングでエンベロープを自由に描くことが可能です。エンベロープは全てのレイヤーに対して同時または個別に操作可能で、タイムの調整とアンプリチュードのナッジ、そしてスムーズボタンで、大まかに描いたエンベロープの角を滑らかにすることもできます。例えば、エディター表示下のオールボタンをクリックし、全体のシェイプを描きます。そして個々のレイヤー編集に切り替え、個別にタイミングとアンプリチュードのオフセットをおこないます。もちろん、操作しながら音のプレビューも可能です。そして豊富に用意されたエンベローププリセットで、基礎的な設定から極端なセッティングまで、オリジナルサウンドを素早く操作することが可能です。

タイムとモーションコントロール

UVI Whoosh FX | Sound sources
効果音全体の長さは秒数またはテンポに同期した音符単位で、最大32秒または16小節まで設定可能です。そしてループ設定を有効にすることでリズミックな効果音にすることも可能です。そしてモノ、ステレオ、ワイドの3つのイメージモード、方向性を決定づけるパスバイとスピードカーブ設定も用意されています。さらにサウンド全体に影響するピッチモジュレーションは、通常のドップラー効果以外に、レイヤー個々のエンベロープによって動作することもできます。操作画面上端のワープスライダーは、エンベロープ全体を左または右にシフトをします。
UVI Whoosh FX | Sound sources

バウエルフィルター

モーフィングバウエルフィルターにアクセするには、バウエルタブをクリックします。設定をしたレイヤーのサウンドがフィルターに送り込まれ、設定されたトップとボトムの母音、そして専用のエンベロープエディターでシンプルまたは複雑なモーフィング変化を自在に描くことができます。さらにメインのエンベロープエディターのシェイプを適用するコピーボタンでモーフィングとレベル変化を同期させ、フォルマントとQ設定で、フィルター効果を決定づけます。

エフェクト

FXタブには、UVIお馴染みのスタジオエフェクトが用意され、コンボルバー、5バンドEQ、ディレイ、IRリバーブとリミッターで追加のプラグインなしにサウンドを仕上げることが可能です。
  • Whoosh FX | Main GUI
  • https://www.uvi.net/img/cms/whoosh-fx/01_MAIN-2_GUI.png
  • Whoosh FX | Main GUI
  • Whoosh FX | Sources GUI
  • Whoosh FX | Vowel GUI
  • Whoosh FX | FX GUI
Whoosh FXは、強力かつ創造性豊かなサウンドデザインツールです。直観的な画面と豊富な機能は全て、職人並みの品質と信頼性のあるサウンドを素早く生み出すことを手助けするために設計されています。

仕様

コンテツ情報
サイズ: 1.45GB(FLACロスレス圧縮済、非圧縮WAVサイズは2.04GB)
コンテンツ: 402プリセット、545サンプル
サンプル解像度: 48 kHz(収録: 96 kHz)
ライセンス: 1ライセンスにつき、PC/iLokキー混在可能な3デバイスアクティベーション
システム条件
  • UVI Workstation 3.0.5以降、またはFalcon 1.6.6以降に対応
  • iLok アカウント(無料取得、USBキーは必須ではありません)
  • インターネット接続環境(製品ダウンロードとライセンス発行と認証に必要、常時接続不要)
  • 対応システム:
    - Mac OS 10.9 Mavericks ~ macOS 10.15 Catalina(64bit)
    - Windows 8 ~ Windows 10(64bit)
  • 2GBの空きディスク容量
  • ハードドライブ:7,200回転仕様のHDDまたはソリッドステートドライブ(SSD)推奨
  • 4GB RAMメモリ (大容量のUVIサウンドバンクは 8 GB以上を強く推奨)
互換性
対応フォーマット: Audio Units、AAX、VST、スタンドアロン
検証済みホスト: Digital Performer 8以降、Pro Tools 11以降、Logic 9以降、Cubase 7以降、Nuendo 6以降、Ableton Live 8以降、Studio One 2以降、Garage Band 6、Maschine 1 & 2、Tracktion 4以降、Vienna Ensemble 5、Reaper 4以降、Sonar X3、Main Stage 3、FL Studio、Bitwig 1+、Reason 9.5+、MuLab 5.5以降

試聴

レビュー

UVI Whoosh FX | White Noise
「Whoosh FXはこの類の音制作を劇的に向上させるソフトウェアです。重要なポイントをちゃんと押さえてます。例えば、ピッチ感度でMIDIキーボードを使用して思い通りのバリエーション、空間を演出できます。これにリバーブとディレイを加えれば最高。リバーブのロングディケイを保ちつつ、色んな音を出せるし、キーベロシティで変化させることも可能。そしてこの操作画面はとても直観的で異なるソースサウンドや波形を効率よく扱えます。用意されているプリセットも大好きで、それを基に好みに仕上げていくのも本当に楽。その時もこのプラグインは役立つ情報を適度に提供するので、まだ手をつけていないエンベロープやソースサウンドのイニシャルスタートピッチの調節も適切に行えます。」
White Noise
サウンドデザイナー、作曲家のDave Whitehead + サウンドデザイナーのMichelle Child
(The Hobbit Trilogy, The Lord of the Rings, King Kong, Blade Runner 2049, Tin Tin, District 9, Snow Piercer, Elysium, The Ring Two)
UVI Whoosh FX | Sunny Levine
「火の音、氷の洞窟の音、そして氷の洞窟での爆発音を作ることができます。これをトラックの中のトランジションやインパクトに使っています。深く掘っていけば、どこまでも奥深いです。これは。立ち上げれば即座に、これまで直面してきた多くの問題に悩まずに済み、すぐにワクワクする音を作る準備ができています。そしてそれをほんの少しだけ調節すれば、もう自分好みの夢に描いていた自家製の音になります。シンセ やホーンヒットと重ねれば、もう現代のトレバーホーンになった気分でArt of Noiseスタイルの音がいくらでも出てきます。」
Sunny Levine
プロデューサー、作曲家、レコーディングアーティスト
(Shabazz Palaces, Ariel Pink’s Haunted Graffiti, Pete Yorn, Happy Mondays)
Whoosh FX | Epicomposer
「Whoosh FXはシネマスコアやトレーラーミュージックの味付けに最適なだけでなく、エレクトロニックなどの演奏でちょっとした盛り上がりの時にも適しています。」
Whoosh FX | 2probeats
「UVI Whoosh FXで場面変化を」
Whoosh FX | Mikael Baggström
「Whoosh FXレビュー」
Whoosh FX | Read the article
Back To Top

Vintage Vault 2の価格

通常価格
$599
Vintage Vaultからのアップグレード
$299
単品製品からのアップグレード
$499
価格に関する規約と条件

Vintage Vaultユーザーは、アップグレード価格でお求めいただけます(別表参照)

Vintage Vault 2に含まれている製品の単体バージョンのユーザーは、アップグレード価格にてお求めいただけます(登録製品の通常価格が合計149ドル/ユーロ以上、別表参照)

プロモーションで入手したものを含め、単体バージョンユーザーは、いつでもアップグレードをお求めいただけます

NFRライセンスはアップグレードできません

アップグレード後、単体製品の移譲はできません

Vintage Vault 3の価格

通常価格
$599
単品製品からのアップグレード
$499
Vintage Vaultからのアップグレード
$299
価格に関する規約と条件

Vintage VaultもしくはVintage Vault 2ユーザーは、アップグレード価格でお求めいただけます(詳細は別表にて)

Vintage Vault 3に含まれている製品の単体バージョンのユーザーは、アップグレード価格にてお求めいただけます(製品の合計金額が149ドル以上、詳細は別表にて)

プロモーションで入手したものを含め、単体バージョンユーザーは、いつでもアップグレードをお求めいただけます

NFRライセンスはアップグレードできません

アップグレード後、単体製品の移譲はできません

Key Suite Bundle Edition pricing

通常価格
$349
発売記念価格
$249
価格に関する規約と条件

発売記念とアップグレード価格は2020年4月30日までのご提供になります。

アップグレード対象製品のユーザーには、お持ちの製品に応じた特別割引コードを用意しました。割引に関するご案内はメールニュース並びに uvi.net/discount でご確認にできます。特別割引コードは2020年4月30日まで有効で、発売記念価格からの割引になります。

NFRライセンスはアップグレードの対象外になります。

アップグレードによって入手されたバンドルとリンクされた単品製品の再販はできません。