概要

1940年代に誕生したロータリースピーカーキャビネットは、回転式のドラムウーハーとホーンツイーターによるドップラー効果が特徴でした。この構造による倍音、そしてトレモロやビブラート効果はサウンドに豊かさと幻想的な印象をもたらします。この革新的なスピーカーはすぐさま、ジャズオルガン奏者に広まり、やがていまではブルースやロックレジェンドと称されるミュージシャン達にも普及されていきました。Buddy Guy、Jimi Hendrix、Robin Trower、Pink Floyd、The Beatles… そしてこの巨大な装置をによる効果を再現すべく、多くのギターストンプメーカーからこの効果のエフェクトがリリースされました。
しかしこの特徴的な効果はハードウェア、ソフトウェアに関わらず、これまで実機を超える存在は誕生しませんでした。Rotaryはモダン技術の粋によってこの難関に挑戦した結果です。現代のアーティストとプロオーディオエンジニアのためにオリジナルキャビネットの特徴と魅力を忠実に再現し、メンテナンスフリーで、多様性と高いカスタマイズ性を持ったミュージックツールとしてRotaryを完成させました。シンプルで直観的な操作画面は効率の良いワークフローとインスピレーションの刺激を両立しました。高精度のステレオマイクポジショニング、豊富に用意されたバックパネルコントロールを装備し、これまでにない多彩なサウンド効果を思いのままにします。そのため、Rotraryは一般的に用いられるオルガンやギターのみならず、その他の楽器やボーカルにも効果的です。倍音を強調し、聴覚を刺激する奥深いサウンドムーブメントをもたらします。

アプローチ

ロータリースピーカーの音色は、様々な要素によって完成されます。キャビネット、ホーン、ドラムスピーカー、モーター、ベルト、アンプそして箱鳴りが複雑に作用してその特徴的な効果が生まれます。魔法に等しいその絶妙な組み合わせと作用が、ロータリーエフェクトの完全再現の障壁でもありました。UVIはこれらの要素の一つ一つ丹念に研究し、まず完全再現を目指しました。しかし、ゴールはそこではありません。内部構造をすべて独立コントロール可能にし、このことによって、実機を超えたエフェクト効果を実現することに成功しました。
Rotaryのベースモデルは一つではありません。高精度にフィジカルモデリングされたキャビネットを複数用意しています。どのモデルも電気的、そして音響的な特性、特徴を丹念に分析し、再現されています。周波数特性、ハーモニックディストーション、反響や音波の拡散など、何度もテストと修正を重ねた結果がRotaryです。さらにアルゴリズム演算の最適化を図り、その性能からは想像できないほど、驚異的な低CPU負荷とシステム条件を可能にしています。

詳細

完全独立のマイクポジション設定

Rotaryは、熟練のエンジニアのみぞ知る最適なマイクポジション設定を素早く、適切におこなうことが可能です。シンプルなドラッグ操作、またはマクロコントロールによって、微調整をすることができます。そしてアシンメトリー、オートメーション、ステレオフィールドコントロール、A/B設定切替は、意図したサウンド効果をより簡単に得るために用意されています。最高の結果を得るために、実物のスピーカーとマイクの設置する重労働はもう不要です。

独立したホーンとドラムコントロール

キャビネットから放たれるサウンド効果を特徴付ける大切な要素であるホーンとドラムスピーカーセクションは完全独立で、特別なパラメーターが多数与えられています。フロントパネルは直観的で扱いやすく、バックパネルは完全カスタマイズをするためのパラメーターにアクセスします。

サウンドのミックスと仕上げ

完璧なミックスのためにホーンとドラムのそれぞれにフィルターと指向性設定が用意されています。そしてキャビネットサイズ、箱鳴りをミックスに馴染むように徹底的に調整することが可能です。例えば、ホーンのサウンドを目の前に持ってきた強烈な効果も、遠く離した濃密なコーラス効果も自由自在です。

回転効果の加速と減速

回転の加速と減速効果はロータリースピーカーの大きな特徴の一つでもあります。もちろん、Rotaryではホーンとドラムそれぞれ、独立してコントロールすることが可能です。この仕様はもともと、実機のホーンとドラムの質量が異なるために変化速度が異なることを再現するために用意されたもので、多くの高性能ロータリーシミュレーターに装備されています。Rotaryはこの機能の可能性を単な忠実なシミュレーションだけ終わらせるのではなく、ハイブリッドモードによる想像を超えたドップラー効果を生み出すまで、幅広いコントロールを可能にします。

想像を超えたロータリーエフェクト、革新的な効果

Rotaryはビンテージエフェクト効果を現代的なコントロールでの操作を可能にしたプラグインエフェクトです。そして、実機では不可能な効果や、思いのままの設定も実現します。洗練されたエンジンと設計によって、直観的かつ深いコントロールを効率の良いワークフローでおこなえます。一般的なオルガンやギターだけではなく、様々な楽器、そしてボーカルにもぜひご利用ください。Rotaryはロータリーエフェクトの新たな一歩を刻む、伝統と革新を両立したプラグインです。

主な特長

  • 半球インターフェイスを用いたマイクポジション設定
  • 直観的なドラッグ操作と連動したマクロコントロール(広がり、距離、スキュー)
  • 3Dリアルタイム演算による初期反射、最大で三次反射までシミュレーション
  • 自然なサウンドシェイピング(実機のホーン/ドラムをベースにしたモデリングによる演算)
  • 高精度ドップラー効果
  • オープン/密閉型切替えを含む忠実な音響反射(スピーカーの箱鳴り)
  • 忠実な音色再現(ホーン/ドラムのインパルスレスポンスによる演算)
  • アンプ歪:忠実な偶数/奇数倍音特性
  • プリエンファシスアンプコントロール(ホーンの周波数特性補正)

仕様

ライセンス

1ライセンスにつき3アクティベーション可能、コンピュータのハードドライブまたはiLok USBキー、あるいはその両方に認証可能、組み合わせは自由

システム条件
  • 300MBの空きディスク容量(Mac版インストーラ:157MB;Windows 64bit インストーラ:203MB;Windows 32bit インストーラ:253MB)
  • 4GB RAMメモリ
  • 対応システム:
    - Mac OS X 10.7以降(32bit と 64bit)
    - Windows 7以降(32bit と 64bit)
  • iLokアカウント(無料取得、USBキーは必須ではありません)
  • インターネット接続環境(製品ダウンロードとライセンス発行と認証に必要、常時接続不要)
互換性
対応フォーマット: Audio Units、AAX、VST
検証済みホスト: Digital Performer 8以降、Pro Tools 11以降、Logic 9以降、Cubase 7以降、Nuendo 6以降、Ableton Live 8以降、Studio One 2以降、Garage Band 6、Maschine 1 & 2、Tracktion 4以降、Vienna Ensemble 5、Reaper 4以降、Sonar X3、Main Stage 3、MuLab 5.5以降

試聴

レビュー

ユーザーコメント

「純粋に素晴らしい。これはベストプラグインの一つで、頭で鳴っている通りのロータリーエミュレーションをします。」Ykepa, Gearslutz
「とてて良く出来たエミュレーションです。とても便利で、コアレスリーユーザーはマストハブです。」Chimuelo, V.I. Control
「素敵です。」Rezr EX, Facebook
「素晴らしい機能、とても簡単に扱える画面」Deng, Gearslutz
「素晴らしいアイディアとパラメーター」Kurtvanzo, V.I. Control
「非常にクールな製品だ」Synth Guru, Gearslutz
「素晴らしいエフェクト。グッジョブ!」Dillinger, KVRAudio
「美しい」Vibhor Tiwari, YouTube
「これはすごい!」Jon D., Facebook
Rotary Pro Tools Expert
「愛しきサイケデリックサウンド!とても気に入りました。素晴らしい音のするプラグインで、クリエーティブで、セクシーで、レトロ感たっぷりです。これはもうインストゥルメントの領域です。」
Rotary Gearslutz
「恐らくこれはクラス最高の使いやすさがあります。Rotaryはすべてがわかりやすく用意されています。メインページは直観的で。もう一つのページには、より緻密な設定が可能です。」
Rotary Ask Audio
「スクリーミングB3サウンドから濃密で”ワウ"っぽいギタートーンまで、Rotaryはすべてのスピーカーエミュレーションをカバーします。これは探し求めていたものです。」
Rotary Synth Anatomy
「UVI Rotaryは傑出したロータリースピーカーエミュレーションです。(…中略)もう一つの画面に切り替えると、このプラグインの隠れた真価に触れることができます。」
Rotary 2PROBEATS
UVI Rotary | ショーケースデモ

Rotary体験版ダウンロード

Rotaryの体験版をダウンロードにするには電子メールアドレスを下欄に入力します。

ご入力いただきましたメールアドレスは弊社のニュース配信リストに自動で追加されます。配信はいつでも解除できます。またこのアドレスは共有および他に利用されることはありませんのでご安心ください。
Back To Top