概要

UVI IRCAM Prepared Piano | GUIS
世界最先端の音響音楽研究所:IRCAMとUVIのコラボレーションによる究極のバーチャルプリペアドピアノ音源です。 サンプルの収録は、パリのIRCAMの研究室でおこなわれました。IRCAM Prepared Piano は世界トップクラスのエンジニアと機材による、現代音楽で使用する45のテクニック(プリパレーション)を収めています。この音源は、特別な音色のみならず、丹念に調整されたYAMAHA C7グランドピアノそのものの響きも魅力です。この音源は、市場で最も柔軟かつ洗練されたプリペアドピアノです。ノートごとに最大2つのプリパレーション、異なるポジションのマイクミキシングなど、そのカスタマイズ範囲は常識を超えます。そして、ランダマイズ機能は、独自のプリパレーションをちょっとした操作で即座に実現します!
UVI IRCAM Prepared Piano | Preparations

プリペアドピアノ

IRCAM Prepared Piano は、45のプリパレーションを1つ1つ丹念に収録し、こうした集められたサンプル数は12,000を超えます。これらのプリパレーションは、ノートごとに設定可能で、組合わせて使用することも可能です。ネジ、消しゴム、コイン、選択ばさみ、スティックなどの一般的な手法からマレット、ピック、弓、さらには EBow まで、40以上に異なるプリパレーションが用意され、その音色を自由に試すことができます。さらに、ノートごとに2つの異なるプリパレーションを施し、ミキシングやレベルやピッチの設定も可能です。
UVI IRCAM Prepared Piano | GUIS

直観的なレイヤーコントロールとSparkverb

ウナコルダ、ソステヌート、ダイナミックスとベロシティ コントロールに加え、ノートごとのプリパレーション設定、2つのマイクポジションのミキシング、バーヒットやディレイなど、様々な操作を可能にします。そして高い品質と超低負荷で定評のSparkVerbで、このピアノの響きをより豊かに仕上げます。

プリパレーション

通常の演奏テクニック

UVI IRCAM Prepared Piano | Sustain
Sustainは通常のピアノ音色です。弦は打鍵によるハンマーアクションで振動し、発音します。この音色ではウナコルダとフォルテペダルを使用することが可能です。弦振動に作用する物体(プリパレーション)はありません。
Noneはプリパレーションはもちろんのこと、ハンマーアクションを含めた音を発生する要素が一切ありません。従って、打鍵をしても音は出ません。
UVI IRCAM Prepared Piano | Piano

拡張テクニック

IRCAM Prepared Piano | Striking the Strings

打弦(弦を叩く)

Mallets(マレット):ビブラフォンのマレットを弦をたたくテクニックです。一般的なハンマーアクションによる発音に似ていますが、より柔らかい音色が特徴です。
Wooden Stick(スティック):木製のドラムスティックで弦をたたくテクニックです。アタックが強く短い、ダルシマーに似た音色が特徴です。プレッシャー操作でフォルテペダルを操作できます。
Stick Rebound(スティックリバウンド):通常のスティックのプリパレーションと基本は同じテクニックですが、弦をたたいた後にスティックが弦を上を跳ねます。
Muted Stick Rebound(スティック リバウンド ミュート):スティックリバウンドと同じテクニックですが、ミュートした弦をたたきます。(ミュートの項目を参照).
IRCAM Prepared Piano | Plucking

撥弦(指による弦のかき鳴し、爪弾き)

Pizz(ピチカート):弦をピックで、1つの弦(ノート)を弾きます。この結果、ギターのような音色を出すことが可能で、このテクニックは、Georg Crumb(ジョージ クラム)の Makrokosmos(マクロコスモス)や Gerard Pesson(ジェラール ペソン)の器楽合奏曲 Rescousse(器楽合奏のための)などに代表される一般的に広く用いられる手法です。
Scratch(スクラッチ):爪で弦を引っ掻く手法です。このテクニックによって、倍音に満ちた音色を出すことができます。このテクニックは通常、他の手法と組合わせます。Horatiu Radulescu(ホラチウ ラドゥレスク)の Clepsydra(for 16 players with sound icons/16人の演奏家とサウンドアイコンのため)でこの奏法を確認できます。
IRCAM Prepared Piano | Sustained Sounds

持続音(サスティンの効いたサウンド)

Bow(弓):バイオリンの弓で 2-3本の弦を擦りながら、1つの音程を構成します。こうして持続したサウンドが発生します。このサウンドは弓を切り返す時の音色変化が特徴的です。音色の変化は弓の松脂の量や位置によっても発生する場合があります。
Ebow(イーボウ):エレキギターでサスティンを電磁的に引き伸す機器を使用したテクニックです。電気によって発生した磁界によって、ピアノ線の振動を持続させることで、サスティンが続く音色を生み出します。アタックがマスキングされた音色が特徴です。
UVI IRCAM Prepared Piano | Harmonics

ハーモニックサウンド

Harmonics(ハーモニクス):通常のハーモニックスは、弦(ピアノ線)の中間点に指の圧力によって発生したオクターブ上の音となります。鍵盤は普通に演奏をし、弦振動を指でコントロールして発生させます。ハーモニックスは、弦に作用するポイントを変更することで、音程を変更可能で、この音源ではすべての弦のハーモニックスを再現することができます。デチューンボタンをダブルクリックすることで、特別なデジタルコードで演奏をすることも可能です。このテクニックはソロ楽曲、例えばGeorg Crumb(ジョージ クラム)の作品のような演奏に適しています。また、Marc-Andre Dalbavie(マーク=アンドレ ダルバヴィ)によるJ.S.バッハのContrapunctus XIX(コントラプンクトゥス XIX)でも、このテクニックを確認することができます。
UVI IRCAM Prepared Piano | Harmonics

弦で物体を挟んだテクニック

UVI IRCAM Prepared Piano | Objects Inserted Between the Strings
物体を弦の間に挟む場合、通常は3本弦のキー:ミドルベース(F1)以上の鍵盤に対して施します。1弦と2弦の間に1つの物体、2弦と3弦の間にもう1つの物体を挟む場合もあります。 IRCAM Prepared Pianoでは、低音域:1本弦(F0 以下)または2本弦(F#0 - E1)のキーに対しても、物体や演奏テクニックを適用することができます。ウナコルダペダルを操作した場合のみ、2弦と3弦のプリパレーションが有効になります。これはオルガンテクニックのラインを弾く際に、このペダル操作が機能することを意味します。
UVI IRCAM Prepared Piano | Rubber, Clothespin, Screw
Rubber(ラバー):消しゴムを用いたプリパレーションです。深い低音のゴングに似たサウンドを生み出すことができます。これを用いた最初の楽曲はJohn Cage(ジョン ケージ)の Amores(アモーレス)で、3つのノートをゴムミュートした“打鍵の妨げ”効果を創り、他のプリパレーションの共鳴の強調に利用しました。
Half Spring-type Clothespin(洗濯バサミ):バネタイプの木製洗濯バサミを使用したプリパレーションです。固い木材の洗濯バサミを使用した場合、ゴングに似た特性の音色になります。IRCAM Prepared Pianoでは柔らかい木材の洗濯バサミを使用し、より鈍い、ダンピングされた音色を得ています。この手法は、しばしゴムミュートのプリパレーションと併用されます。また、この手法ではしばし、響板に接するように設置します。これによって強く短いアタック効果を生み出します。IRCAM Prepared Pianoでは“add soundboard”の設定で、その効果を追加できます。
Screw / Bolt(ネジ):ネジまたはボルトは最も一般的なプリパレーションです。ネジの様々な形状;長さや厚み、頭の大きさや形など、全ての要素が弦振動に影響し、音色のキャラクターを特徴づけます。
UVI IRCAM Prepared Piano | Objects Inserted Between the Strings
この手法は様々な音色を造り出す際の基礎として用いられます。そのサウンドは豊かな倍音共鳴が特徴で、ゴングタイプの音色です。ノートを強く弾いた際は、細かなバイブレーションが加えられます。
すべてのケージの作品には最低でも1つのネジが使用されています。Prelude for Meditation(瞑想への前奏曲)では4つの音符で演奏されています。全てのノートはボルトによるプリパレーションを施した音色を通常のピアノのサウンドに加えられ、その効果をハッキリと確認できます。Daughters of the Lonesome Island(孤島の娘たち)では、39鍵にプリパレーションが施されています。ほとんどのノートにはネジが使用され、その豊かな音色はガムランのアンサンブルをイメージさせます。このようにこのテクニックは様々な場面に応じて活用できます。
UVI IRCAM Prepared Piano | Screw and Coins
Screw / Bolt + Loose Nut(ボルトとナット):前出の手法と同じくネジを使用したテクニックです。この方法では、ナットを緩く装着したボルトを使用し、演奏をした際に、ナットの振動(バズ)音を加わります。このプリパレーションはJohn Cage(ジョン ケージ)の Amores(アモーレス)で確認できます。2つのノートはナットを装着したボルトのプリパレーションが施されています。この作品はまた、ケージが施したプリパレーションを要約した楽曲としても知られ、プリペアドピアの演奏を知るのに良い題材です。
Coins(コイン):コインを弦の間に挟んだ手法です。1弦と3弦の上、2弦の下に設置したこのプリパレーションは音色を豊かにし、柔らかいゴングのようなサウンドを得ることができます。時には非常に滑らかなバイブレーション効果が加わります。この音色は、ネジを使用したテクニックよりもまるいのが特徴です。John Cage(ジョン ケージ)のA Room(部屋)の低域のノートはこの手法を知るのに最も良い例と言えます。この作品ではネジのプリパレーションと組合わせて使用されていますので、比較例としても最適です。

弦上に物体を置いたテクニック

UVI IRCAM Prepared Piano | Objects Placed on the Strings
このプリパレーションは通常、一般的なハンマーで弦をたたく演奏を利用します。場合によって、何かの物体を弦に置く手法を用いる際にも適用する場合があります。このようなプリパレーションを施す場合、実際のピアノはいくつかのノートにまたがっておこなわれますが、IRCAM Prepared Pianoはノートごとに施すことができます。
UVI IRCAM Prepared Piano | Paper, Aluminium, iPhone, Mutes
Paper(紙):丸めた紙を弦の上に置いたテクニックです。低音域のエコー効果を生み出す場合があります。
Aluminium foil(アルミ箔):アルミ箔を弦の上に平らに敷いたテクニックです。この手法によって、非常に長くかつ特徴的で金属的な振動が得られます。金属のコインを置いた際の効果に良く似ています。最初にこの方法が使用された作品はGeorg Crumb(ジョージ クラム)のMakrokosmos I(マクロコスモス第1集)となります。
iPhone : iPhoneを弦の上に置いたプリパレーションです。iPhoneがただ載っているだけなので、メタリックなダンピング効果とiPhoneが弦の上を跳ねる響きが得られます。
ミュート(Mutes):指をブリッジ付近でおさえて、弦振動を制限したテクニックです。この類のプリパレーションには、弦の間に布やフエルト、ウィンドウシールド(ゴム)を用いる場合もあります。いずれの方法も振動を抑えることで、音色の時間に作用する効果を生み出します。このテクニックを学ぶには、Michaël Levinas(ミカエル レヴィナス)の作品を確認することをおすすめします。

効果音

UVI IRCAM Prepared Piano | Effects
Glass Slide(グラス スライド):ガラス製のボトルネックを弦の上のスライドさせたテクニックです。グリッサンドアップとダウンが用意されています。グリッサンドダウンはダンパーから離れるようにグラスバーを動かします。
Bar Hits(バーヒッツ):ピアノの響板上の金属フレームをたたくテクニックです。手、ドラムスティック、マレットの3つの奏法が用意されています。これらのサンプルは、一番低いベースノート:A-1 よりも下の音程で演奏することができます。Jacky Terrasson(ジャッキー テラソン)の Caravan(アルバム Mirror に収録)では手によるフレームをたたくインプロビゼーションが収録されています。
Extra Length(エクストラ レングス):ピックで弦をブリッジとチューニングピンの間でスライドさせたテクニックです。この一般的ではない両手を使用したポリフォニックの奏法をIRCAM Prepared Pianoで再現するために2つのパラメーターが用意されています。
UVI IRCAM Prepared Piano | Effects
最先端技術を好むアバンギャルドなミュージシャンやサウンドデザイナーならば、IRCAM Prepared Piano は見逃せない楽器の1つです。
  • IRCAM Prepared Piano GUI
  • IRCAM Prepared Piano GUI
  • IRCAM Prepared Piano GUI

仕様

コンテツ情報
サイズ: 4.36GB (19GB容量の内容を最適化)
コンテンツ: 12000以上のサンプル
サンプル解像度: 44.1 kHz(96kHz収録)
ライセンス: ライセンス: 1ライセンスにつき3アクティベーション可能、コンピュータのハードドライブまたはiLok USBキー、あるいはその両方に認証可能、組み合わせは自由
システム条件
  • UVI Workstation 2.6.11以降、またはFalcon 1.3.0以降に対応
  • iLok アカウント(無料取得、USBキーは必須ではありません)
  • インターネット接続環境(製品ダウンロードとライセンス発行と認証に必要、常時接続不要)
  • 対応システム:
    - Mac OS X 10.7 Lion ~ macOS 10.13 High Sierra(32bit と 64bit)
    - Windows 7 ~ Windows 10(32bit と 64bit)
  • 5GBの空きディスク容量
  • ハードドライブ:7,200回転仕様のHDDまたはソリッドステートドライブ(SSD)推奨
  • 4GB RAMメモリ (大容量のUVIサウンドバンクは 8 GB以上を強く推奨)
互換性
対応フォーマット: Audio Units、AAX、VST、スタンドアロン
検証済みホスト: Digital Performer 8以降、Pro Tools 11以降、Logic 9以降、Cubase 7以降、Nuendo 6以降、Ableton Live 8以降、Studio One 2以降、Garage Band 6、Maschine 1 & 2、Tracktion 4以降、Vienna Ensemble 5、Reaper 4以降、Sonar X3、Main Stage 3、FL Studio、Bitwig 1+、Reason 9.5+、MuLab 5.5以降

試聴

YamahaとC7は登録商標で、その権利帰属者の所有物です。 UVIは、ウェブサイトおよび関連ウェブサイトを含め、両者間には、連携、関連、エンドース、スポンサーなどの契約関係はございません。
Back To Top

Vintage Vault 2の価格

通常価格
$599
Vintage Vaultからのアップグレード
$299
単品製品からのアップグレード
$499
価格に関する規約と条件

Vintage Vaultユーザーは、アップグレード価格でお求めいただけます(詳細は別表にて)

Vintage Vault 2に含まれている製品の単体バージョンのユーザーは、アップグレード価格にてお求めいただけます(製品の合計金額が149ドル以上、詳細は別表にて)

プロモーションで入手したものを含め、単体バージョンユーザーは、いつでもアップグレードをお求めいただけます

NFRライセンスはアップグレードできません

アップグレード後、単体製品の移譲はできません