インスピレーション

Vector Pro | Keyboard
1986年夏、著名なアメリカンシンセメーカーが衝撃的なマシーンをリリースしました。驚くべき新しいサウンド構築の手法を提案したこの機種は Sequential Prophet VS で、新しいサウンド合成方法はベクトルシンセシスと呼ばれました。この革新的な楽器は唯一無二の存在として、リリースしてから現在に至るまで常に重用されてきました。しかしながらProphet VSは残念なことに、幾つかの理由によって商業的に成功すること無く、Sequential社終焉のきっかけにもなりました。Prophet VSの幅広いサウンドと極めて優れた柔軟さについてはもはや語る必要無いでしょう。
画期的なデジタル ベクトルシンセエンジンはCurtisのアンプとフィルターによるアナログパスの前段に配置され、暖かさと間違うことのない特徴的なサウンドキャラクターを生み出します。そしてVSのサウンドパレットの多彩さと可能性は現在でも計り知れないほど素晴らしいものです。それまで耳にしたことのないサウンドだけではなく、クラシックアナログから現代のデジタルサウンドまでその守備範囲の広さは他にはありません。
加えて Prophet VS はステレオサウンドに奥行きを与え、別次元へと誘う表現豊かなコントロールを持った最初のシンセサイザーでもあります。その想像をかき立てるサウンドは Vangelis や John Carpenterをはじめ、すべてのフィルムコンポーザーを魅了しました。

インストゥルメント

Vector Pro VSとVector Pro VX

Vector Pro VS | GUI
Vector Pro はまず、そんな貴重で特別な存在のSequential Prophet VSをフルメンテナンスするところから開始しました。次にサウンドデザイナーがこのマシーンの魅力を引き出すべくスタジオにこもって様々な音色を作成しました。伝統的なシンセサウンドからワイルドな音色、エクスペリメンタルテクスチャーまでその多様さを知るのに十分な数のサウンドを用意できました。これらの音色はワールドクラスの機材でマルチサンプリングし、高解像度の収録によって微細な部分までをも逃さず捉えました。 サンプルベースのシンセサイザーだからこそ実現可能な質感を持つ Vector Pro は30GB容量のデータによって Prophet VS の音色を詳細に描写します。さらにUVIエンジンの搭載するフィルター、モジュレーション、拡張性、エフェクトによってほぼ制限のないカスタマイズオプションが用意されています。
Vector Pro VX | GUI
Vector Pro は VS と VX の2つの基礎的なアーキテクチャーで構成されています。Vector Pro VS は効率が良く、非常にフレキシブルなシングルオシレーターのシステムでオリジナル機であるProphet VSに忠実なサウンドが特徴です。Vector Pro VX は、マルチサンプリングされた生波形を利用したデュアルレイヤー構造で、いわばProphet VSのサウンドをベースにした新しいシンセサイザーです。UVIのヴィンテージシンセサイザー製品の特徴でもあるデュアルレイヤーは、アンプ、フィルター、ステレオやその他のエフェクトがすべてレイヤーごとに独立して用意され、LFO、ステップモジュレータ、バーサイタルなアルペジエーターも装備しています。その操作画面はProphet VSを彷彿とさせるデザインでフルプログラマブルなパラメーターを直観的に操作できるように配置しています。シンセサイザーに触れたことのある方なら、すぐに操ることができる設計に仕上げています。

ボーナス: Vector Pro 22

さらにボーナスシンセサイザーとして Vector Pro 22 をご用意しました。Prophet VS 直系のシンセサイザー Yamaha SY 22 は Vector Pro VS と同じ手法を用いて設計されました。SY22 はヤマハの一員となった Sequential の技術者たちが Prophet VS のアーキテクチャーを基礎に開発したシンセサイザーです。その特別なキャラクターとモジュレーションによって、VSとはまた異なるサウンドが特徴的です。
Vector Pro | Vector Pro 22
  • Vector Pro VX | Edit GUI
  • Vector Pro VS | Edit GUI
  • Vector Pro 22 | GUI
  • Vector Pro VX | Mod GUI
  • Vector Pro VS | Mod GUI
  • Vector Pro VX | Arp GUI
Vector Pro は高いクォリティと独特なキャラクターを両立したサウンドが満載のシンセサイザーです。単なる懐古主義の製品ではなく、ソフトウェアインストゥルメント故の柔軟さと実機をベースに更なる発展を施した多彩な機能が、サウンドデザイナー、プロデューサー、コンポーザーのインスピレーションをかき立てます。

VINTAGE VAULTにもバンドルされています

UVI Vintage Vault 2
50インストゥルメント、111ドラムマシーンを網羅した包括的なビンテージシンセコレクションです。7,000を超える即戦力プリセットはどれも実機の質感を持ち、UVIのサウンドエキスパートの手による魅力的な音色に仕上げられています。実機そのものの特徴的なサウンドとソフトウェアの利便性と機能が融合した数々のインストゥルメントは、模倣でもコピーでもクローンでもない、進化した派生モデルと言えます。
50年にわたるシンセ史に刻まれた数々のシンセのサウンドを手に、新たな歴史を!

仕様

コンテツ情報
サイズ: 17.38GB (30.2GB 容量の内容を最適化)
コンテンツ: 3インストゥルメント、560音色、42,258サンプル
サンプル解像度: 44.1 kHz、96 kHz での収録
ライセンス: ライセンス: 1ライセンスにつき3アクティベーション可能、コンピュータのハードドライブまたはiLok USBキー、あるいはその両方に認証可能、組み合わせは自由
システム条件
  • UVI Workstation 2.6.10以降、またはFalcon 1.2.1以降に対応
  • iLok アカウント(無料取得、USBキーは必須ではありません)
  • インターネット接続環境(製品ダウンロードとライセンス発行と認証に必要、常時接続不要)
  • 対応システム:
    - Mac OS X 10.7以降(32bit と 64bit)
    - Windows 7以降(32bit と 64bit)
  • 18GBの空きディスク容量
  • ハードドライブ:7,200回転仕様のHDDまたはソリッドステートドライブ(SSD)推奨
  • 4GB RAMメモリ (大容量のUVIサウンドバンクは 8 GB以上を強く推奨)
互換性
対応フォーマット: Audio Units、AAX、VST、スタンドアロン
検証済みホスト: Digital Performer 8以降、Pro Tools 11以降、Logic 9以降、Cubase 7以降、Nuendo 6以降、Ableton Live 8以降、Studio One 2以降、Garage Band 6、Maschine 1 & 2、Tracktion 4以降、Vienna Ensemble 5、Reaper 4以降、Sonar X3、Main Stage 3、FL Studio、Bitwig 1+、Reason 9.5+、MuLab 5.5以降

試聴

Yamaha、Sequential、Prophet VSとSY22は登録商標で、その権利帰属者の所有物です。 UVIは、ウェブサイトおよび関連ウェブサイトを含め、両者間には、連携、関連、エンドース、スポンサーなどの契約関係はございません。
Back To Top

Vintage Vault 2の価格

通常価格
$599
$399
Vintage Vaultからのアップグレード
$299
$199
単品製品からのアップグレード
$499
$299
発売記念価格
価格に関する規約と条件

Vintage Vaultユーザーは、アップグレード価格でお求めいただけます(詳細は別表にて)

Vintage Vault 2に含まれている製品の単体バージョンのユーザーは、アップグレード価格にてお求めいただけます(製品の合計金額が149ドル以上、詳細は別表にて)

Vintage Vaultユーザーで、バージョン2に新たに含まれている製品をお持ちの方は、その数に応じたアップグレードの特別割引のご案内を電子メールにて配信しています。

Vintage Vault 2の発売記念価格とプロモーション割引は2017年9月30日までとなります

通常のアップグレード価格(詳細は別表にて)は10月1日より、対象の方すべてに適用されます

プロモーションで入手したものを含め、単体バージョンユーザーは、いつでもアップグレードをお求めいただけます

NFRライセンスはアップグレードできません

アップグレード後、単体製品の移譲はできません